お引っ越しの際の不用品・粗大ゴミなどの処分、トイレやキッチン周りのクリーニング、高齢者の方の病院への付き添い等々何でもご相談下さい。明朗会計にてお見積もり致します。0120-277-747

  • トップページ
  • 柏便利屋料金表
  • お客様の声
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 年越しそばをなぜ食べるのか?何時に食べたら良いのか。

    Home » 芸能・世間話 » この記事
    2010-12-30

    明日は大晦日。2010年も残すところ1日となりましたね。毎年、食べるのが当然と何の疑問も感じずに食べてきた「年越しソバ」

    一体いつから始まった習慣なんでしょう。そして正しくは何時ごろ食べるのが良いのでしょうか?

    気になったので調べてみました。年越しそばの風習が広まったのは江戸中期ごろと言われています。なぜ大晦日に食べるようになったのか・・。いろんな説があるんですね、ビックリしました。

    いくつかご紹介すると、

    1・そばが切れやすいことから、1年の苦労を切り捨てるために食べる。

    2・そばは風雨でたれても日に当たるとすぐに立ち直る植物なのでそれにあやかっている。

    3・よく耳にする説ですが、人生はそばのように細く長く生きるから・・。

    関西では年越しそばではなく運を呼ぶ「うんどん(うどん)を食べて細く長く生きる」そうですね。知りませんでした。

     食べる時間は夕食でもOK,夜食として夜遅い時間でも良いですが年を越してはいけないそうです。除夜の鐘を聞きながら年越しそばをすする・・これはぎりぎりセーフ?

     

    Copyright(c) 2013 柏の便利屋どっとこむ All Rights Reserved.